「ほっ」と。キャンペーン

葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ライタリー個人輸入
at 2017-01-29 23:07
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
バックハンド
at 2016-12-18 22:02
クスリの値段
at 2016-12-15 23:07
Eric reed
at 2016-12-10 22:14
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ライタリー個人輸入

ライタリーの個人輸入をやってくれそうなサイトを見つけた。詳細はこちら。
でもやっぱり100錠で4万3千円は高いなあ。これくらいの薬価がつくなら取り扱いしてくれる会社もありそうだが。私の場合まだ完全に動けなくなるようなoffはないのだが、offの状態がきつい方は一日千秋の思いで認可を待っておられるに違いない。



[PR]

# by kwhiro | 2017-01-29 23:07 | パーキンソン | Comments(0)

バックハンドが振れない訳

昔のペンの癖が抜けずバックハンドが振れないと前回書いたが、実はもう一つ理由がある。
バックハンドを打つ時に何が一番大事かというと手首が鞭のようにしなること。
ボールを打つ前にはリラックスして、インパクトの瞬間にパシッと手首が返る事が大切だ。これ、従来なら私としては得意なはずだったんですよね。バトミントンみたいに手首の強さが必要なスポーツはむしろ得意な方で、運動神経の無さを手首の強さで補っていた感じ。
しかし、しかし、これが今回は駄目なんです。前にも書いたが、私の症状は利き手の右手から始まっていて、一番最初の症状は字がうまく書けなくなったことだった。なので他の症状も右腕の方が強い。いわゆる筋固縮も右腕に強く、これが一番最初に出てくるのが手首の関節なんですね。
左の手首に比べると今の私の右手首は固い、固い。で、どうしてもタイミング良くボールを弾けない。
おっちゃんが昔卓球をしていた時にはチキータなんていうのも無かったが、これなんかはもっと手首の動きが必要だと思う。ちなみにチキータってボールの左横をとってチキータバナナみたいに横に曲がる弧線を描いてレシーブすることらしい。

もひとつ、おっちゃんの頃にはなかったのがこれ。
こんな動画が昔あったら、もう少しうまくなっていただろうにな。今の子達がうらやましい。
[PR]

# by kwhiro | 2016-12-22 23:00 | パーキンソン | Comments(0)

バックハンド

というわけで、ペンをシェークに持ち替えて卓球しているのだが、なかなか打てる様にならないのがバックハンドだ。ペンの時はバックはほぼプッシュのみだったので、ついついつま先立ちになって体が浮いてしまう。シェイクだと肘が前に出ないといけないのだが、ついペンの癖で前腕を返して、肘を胴体につけてしまう。若い頃に体に染み付いた習慣というのは、なかなか治らないもので、頭では分かっていても、体は反射的に動いてしまう。何とかきれいにバックハンドが振れる様にならんかなあ。
[PR]

# by kwhiro | 2016-12-18 22:02 | パーキンソン | Comments(0)

クスリの値段

先日ratrayのことを書いたが、その他にもパーキンソンのクスリには不思議なことが一杯ある。
ちなみに日本でのメネシットの薬価は31円。L-DOPA100mgと等力価のドパミンアゴニストはというとビシフロール1mgで約300円と約10倍、私が今使っているニュープロパッチ9mgで660円と約22倍。私が実際使ってみての実感ではレボドパ100mgの効果はアゴニストより遥かに大きいから
アゴニストのコストパフォーマンスはレボドパの1/10以下ということになる。このように単に新しい薬というだけで薬価が高くなり、薬自体の価値というか重要性は全く価格に反映されていないのが日本の
薬価の不思議な所だ。

更にトレリーフ25mg錠は何と1錠で1115.9円もする。ところがこのトレリーフと同じ成分のエクセグランという抗けいれん薬は100mg錠でたったの29.8円。エクセグランの1/4の量しかないのに抗パーキンソン薬という名前がつくだけで値段が37倍にもなり、同じ1mgで比べると何と148倍の差である。もともとこのゾニサミドという薬、日本発の抗けいれん薬で、精神・神経センターの村田美穂先生が、てんかんとパーキンソンを合併した患者さんに投与したら、けいれん発作だけでなく、パーキンソンの症状までよくなったという経緯で、みつかった薬だ。そういう意味では応援したい薬なのだが、もう少し安ければねえと思うのは私だけだろうか?

ちなみにratrayの価格をネットでみてみると、エルドパ95mg入りで1カプセル2.6ドルと決して安くはない。個人輸入するとなると結構高くつことになる。アメリカではある程度製薬会社の裁量でプライスを決められるらしいからね。
[PR]

# by kwhiro | 2016-12-15 23:07 | パーキンソン | Comments(0)

Eric reed

apple musicの無料お試し期間が終わったのでspotifyを試してみているのだが、これがなかなか良い。
無料だとやたらとコマーシャルが入るのと、シャッフル機能が解除出来ないのでクラッシックを聞くのには全く適していないのだが、その短所を補ってありあまるのが、秀逸なプレイリスト作成機能だ。他のアプリと同様にそれまで自分が聞いた音楽に基づいてお勧めリストを作ってくれるのだが、普通この腫のリストって、あまりにも自分が
知っている曲ばかりになって聞き飽きてしまうか、自分が全く知らない曲を勧められて終わってしまうことになりがちだ。このspotifyのmy daily mix機能はそこらへんの塩梅が絶妙で、この人は知ってるけどこの曲は聞いた事ないなとか、この人は聞いた事ないけど良さげな曲だし一度聞いてみようかというあたりの曲をチョイスするのが抜群にうまい。昨日のmy daily mixに含まれて早速今日のヘビロテになっているEric Reed。ええピアニストですな。
[PR]

# by kwhiro | 2016-12-10 22:14 | 音楽 | Comments(0)