葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ワイパードライブ
at 2017-05-17 22:23
祝アジア選手権優勝
at 2017-04-16 07:55
勘違い
at 2017-03-30 22:24
Avalox p900
at 2017-03-20 12:21
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

琵琶一その(3)海津大崎-奥琵琶湖パークウエイ

翌朝目が覚めるとすでに太陽が登ってくる所でした。
d0182277_2232194.jpg

コンビニで買ったバナナを頬張り早速出発です。
d0182277_223627.jpg

海津大崎には鮒寿司のお店やこんな感じの酒屋さんもありますね。
d0182277_22391222.jpg

でこの先を右に曲がるといよいよ奥琵琶湖沿いの道に入ります。
d0182277_22475653.jpg

朝の少し肌寒いくらい澄んだ空気の中を、奥琵琶湖の風景を眺めながら走るこのコース、気持ち良すぎます。そういえば去年初めてR3で琵琶一した時も「ワーッ」と叫びながらペダルを漕ぎたくなったのを思い出しました。
d0182277_22534366.jpg

自転車に乗っているとああ、今日はここを走るためにこんなとこまで来たんやなあと思う時がありますがここはいつも僕にとってそんな場所です。ところどころ先日からの大雨で片側通行になっていましたが、自転車の通行自体には問題なく、桜の季節でもない今はほとんど車も通らないサイクリストパラダイス。

といつまでも走り続けていたい所ですが、時計回り琵琶一の今回はこの次に控えているのは、そう奥琵琶湖パークウエイです。昨年R3で来た時は反時計回りだったので通れませんでした。..というのは真っ赤な嘘で例え今回の様な時計回りでも、きっとエスケープしていたに違いありません。何を隠そう、私正真正銘の坂ヘタレなのです。特に奥琵琶湖パークウエイの様なクネクネとして先が見えないつづら折りの坂は大の苦手。その上今回はキャリアとサイドバック付きでいつもより数Kgハンディがあります。これは足つき必至やなあと思いながらつづらお荘に差し掛かります。
d0182277_23361220.jpg
今日は最初からフロントもインナーで、立ち漕ぎは封印してGossyさんのナデナデ走法で行くことにしました。花見に来た時もここから先傾斜がきつかったよなあと思いながら、ハアハアゼエゼエ少しずつ止りそうな速度で登っていきます。
途中少し坂が平坦になっている所があるのにも助けられてなんとか止らず進みます。
と、アレなんか見覚えのある恐竜が。昔花見に来た時一服した所です。とゆうことは...ヤッタ!足つき無しで駐車場に到着です。
d0182277_23441055.jpg
d0182277_2346155.jpg

自分でも信じられません。登ってきた風景を見ながらしばし休憩です。
[PR]

by kwhiro | 2011-09-29 23:12 | Avalou | Comments(0)
<< 田んぼアート 琵琶一その(2)マキノサニービーチ >>