葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
祝アジア選手権優勝
at 2017-04-16 07:55
勘違い
at 2017-03-30 22:24
Avalox p900
at 2017-03-20 12:21
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
バックハンド
at 2016-12-18 22:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

307SW

約10年程前、下の子が産まれた頃にに乗り始めたプジョー307SW。
405の猫足を期待して買ったのですが、乗り始めは似てもにつかない硬い足でした。ちまたでも「ギブスをはめた猫足」と揶揄されていましたねえ。少し距離を走ったらましになるかなあと期待していたのですが、あまり経年変化は感じられず、今もギブスをつけたままです。ワインディングに持ち込むとそれなりによく曲がるので楽しいのですが、405のように路肩の障害物をよけるのも快感というのとは程遠い。
それにフランス車といえばシートの良さが売りのはずが405に比べるとルンバーサポートはついていないは、リクライニングは無段階調節は出来ないはで、どうもぴったりするポジションが取れませんでした。(こっちの方はいつの間にか体が慣れてしまいましたが)
d0182277_22525519.jpg

又この307SW、パノラミックルーフの草分けでしたがこのルーフ実はあんまりドライバーには恩恵がありません。Aピラーが傾いているおかげで、ルーフがあるのはドライバーの後頭部から後ろ。後部座席の人には解放感があっていいんでしょうが、夏場はやっぱり暑いので閉めっぱなしになってしまいます。
7人乗りというのも売りだったのですが3列目のシートは大人では全く足を伸ばすスペースが無く、子供が座っていたのも幼稚園まででした。犬が来てからはずっと取り外したままで乗っていますが、これを保存しておくスペースがまた邪魔です。
という訳で2,3年乗った所ですっかり飽きてしまって、早く他の車に乗り換えたかったのですが、嫁さんは割合この車の乗り心地が気に入っていたようで、結局10年乗る事になりました。自転車通勤するようになってからは積算距離もあまり伸びず、ようやく10万kmに達しようとするところです。(昔Naviで10年10万kmというページがありましたね。)
と、色々気に入らない所ばかり書いてしまいましたが、自然の風景に中に置くととても引き立つスタイリングは今でも中々のものがあるんじゃないかと思います。ま、最近ではミルクをドッグランに連れていくのにも大活躍なので、次の車検(ひょっとするとその次も)までは乗るつもりです。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-02 23:10 | Comments(0)
<< 物欲亢進中 フランス車好き >>