葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ワイパードライブ
at 2017-05-17 22:23
祝アジア選手権優勝
at 2017-04-16 07:55
勘違い
at 2017-03-30 22:24
Avalox p900
at 2017-03-20 12:21
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:EscapeR3( 23 )


大津祭り

今日は絶好のポタリング日和でしたねえ。
いつもならこの日は地区の運動会なのですが、今年は春から夏にかけて体調悪かったのでエントリーしておらず、大津祭りを見に出かけることにしました。
もう大津に住んで15年近くたつのですが、こうやって見物するのは今回が初めて。
湖岸から大津駅側に入っていくとお囃子の音が聞こえてきます。
d0182277_1814452.jpg

祇園祭りの曳山を少し小ぶりにしたような山車です。
d0182277_18174518.jpg

通りの家々も2回の窓を開け放してお迎えです。
d0182277_18213385.jpg

お囃子が終わると家々にちまきがまかれます。
d0182277_18262042.jpg

桃から生まれた...
d0182277_1828222.jpg

桃太郎か、どうかは知りませんがどの曳山も手の込んだからくりが仕掛けてあります。
d0182277_18241916.jpg

曳山の引き手が外人さんばかりの所もありました。
引き手の若者の人出不足はいずこも同じ様ですが、プチ国際交流も兼ねた良いアイデアですね。
d0182277_18345476.jpg

d0182277_18363042.jpg

山車の側面を彩る鮮やかなタペストリー。
d0182277_18391655.jpg

交差点での引き回し。
d0182277_1841299.jpg

昔は無かった電線やら、信号機やらが山車の飾りにひっかかりそうになり引き手も四苦八苦。
d0182277_18445945.jpg

疲れて寝ちゃった子も。
d0182277_18472315.jpg

午前中のお囃子が終わると曳山内部のはしごを伝って下りてきます。
d0182277_18513089.jpg

各地区の曳山を絵にした扇子が飾ってありました。
d0182277_18543749.jpg

なかなかこれだけの数の曳山を維持するのは大変でしょうが、次の世代にも是非継承していってもらいたいものです。
d0182277_18573720.jpg

[PR]

by kwhiro | 2013-10-13 18:58 | EscapeR3 | Comments(2)

自転車なんてきらいだ!

半年前に体調が急に悪くなった時まず一番最初に思ったのは「まだズッロに乗ってない!」という事でした。
「せっかくMasoさんに採寸してもらってオーダーメードしたフレームなのに。」
今から思い返すと私の思い込みだったのですが、半年前は本当にこのまま体調がどんどん悪くなって動けなくなってしまうかもしれないという恐怖で頭が一杯でした。もう動けなくなるのであれば自転車なんか持っていても仕方ないと思い、このブログを見てくれている人にお譲りしてしまおうかとも考えたりもしました。

でもベッドにずっと横になっているうちにそんな事は段々どうでも良くなってきました。このまま死んでしまうとしたら自分の人生ってなんだったんだろう?自分にとって残された時間で何が出来るのか、何が一番大事なことなのか考え始めると、自転車の事は正直どうでも良くなっていました。(しかし自転車ブログでこんな事書いていてもいいもんだろうか?)
4月の間はまだ自転車に乗っている人を見るとうらやましかったのですが、5月の連休が過ぎてますます体調が悪くなってくると暑いさなかで汗水流しながら変なヘルメッをかぶって必死にペダルをこいでいる人達をみると馬鹿なんじゃないかと思うようになりました。

スタンフォード大学の式辞でS・ジョブズはこう言ったそうです。
”Remembering that I'll be dead soon is the most important tool I've ever encountered to help me make the big choices in life.

Almost everything--all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure--these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important.

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.”

Avalou号が来てから外に置かれていたR3も毎日通勤で使って油をさしている内はそんなに錆つく事も無かったのですが、まったく乗れなくなり放置されたままになると、チェーンも錆だらけになり、グリップも溶けてべとべとになってしまいました。

d0182277_2214362.jpg
d0182277_22153273.jpg


まるで、自分の今の姿を見ている様で少し心が痛んだのですが、しょせんゴシさんのように長い間自転車に乗り続けているのでもなければ、コソさんの様に次々と自転車の事を学び続けている訳でもない私にとっては自転車なんて、そんなものに過ぎないと思ったのも事実です。
思えば去年の夏に落車して骨を折った少し前から、自転車に乗ることにも少し飽きがきていたのかも知れません。最初は自力で走って帰ってこられる距離が少しずつ伸びていくことだけがただ楽しかったのに、数年経つうちに日帰りで自走できそうな所へは大体いってしまい、いつも同じ琵琶湖の周りをグルグル回る事に少し飽きてきていたのも事実です。孤独のバイシクルは3年目で必ず飽きるという罠に知らず知らずのうちにはまっていたのでしょう。(続く)
[PR]

by kwhiro | 2013-09-19 21:58 | EscapeR3 | Comments(4)

寒い!

寒いですね。昨日は大津の平野部でも初雪がちらつきました。
d0182277_22382370.jpg

通勤途中の街路樹も凍っています。
これくらいで寒い寒い言ってると北海道の人には笑われそうですね。
でも、こんなに気温差があるのに、自転車乗りの行動パターンは北海道でも滋賀でもあまり変わらないのが不思議といえば、不思議ですが。
[PR]

by kwhiro | 2012-12-11 22:42 | EscapeR3 | Comments(0)

ジテツー再開

昨日は骨折ってから1カ月半ぶりのジテツー。
ころんだマクドの前を慎重にソーッと通り過ぎる。
立ちコギすると手首痛いかなと思っていたが、意外と平気。
それよりも1カ月半休んでいたツケか、いつもスイスイ行ける
坂で息切れ。まるでジテツー始めた3年前みたい。

あ、そうそう。この間ツイツイ買ってしまったサングラスも初デビュー
でしたが、これはいい。
前のサングラスは自転車漕ぐとすぐ目の前が曇ってたんですが
全くそんなことは無し。かけてることを忘れるようなクリアで広い視界
はさすが。日影とひなたでほとんど見え方が変わらないのも良い。
大満足のデビューでした。

d0182277_6113882.jpg


あと、この前心配してたことが現実に。
これポチしちゃいました。(汗)
アラヒフのおっちゃんに♡マーク似合うはずもないのですが、ツイ(笑)。
[PR]

by kwhiro | 2012-08-02 06:18 | EscapeR3 | Comments(6)

骨折れました。

翌朝起きた時に結構腫れてたので覚悟はしててものの..。
やっぱり骨折れていました。
d0182277_755485.jpg

只今固定中。
ドアノブ握ったり、瓶のフタ開けたりする動作は出来ません。
手首をそらす動作も出来ないので、自転車も当分お預けです(泣)。
[PR]

by kwhiro | 2012-06-08 07:08 | EscapeR3 | Comments(7)

こけちゃいました

昨日いつものようにR3で通勤、のはずだったのですが。
新しく出来たマクドのドライブスルーの前で歩道にエスケープしようと
したら、新しくなっていた側溝の鉄板のフタの上で後輪が空転。
アッと思った時には左肩から落車していました。
落ちた時は肩の方が痛かったのですが、今朝になると
左手首が腫れてうまく曲がりません。ひょっとして折れてる?
今日病院行って来ます。
[PR]

by kwhiro | 2012-06-06 07:26 | EscapeR3 | Comments(3)

モッコウバラ

いつもの通勤の途中にあるおうち。
d0182277_7404528.jpg

バルコニーからあふれんばかりのモッコウバラがあまりに見事でついR3を降りて
パチリとしたのは先週。今日通ったら、もうすっかり散ってしまっていた。
こうい小さな発見があるのが自転車通勤の良い所。
[PR]

by kwhiro | 2012-06-01 07:43 | EscapeR3 | Comments(2)

R3 タイヤ交換

今も毎日通勤に活躍してくれているEscape R3。約2年半前に購入してから、ほとんど何の手も入れず、素のままで乗ってきました。ところが先日タイヤを見てみると...
d0182277_19392365.jpg

タイヤにヒビが入って、下の繊維が見えているではありませんか。これはいけません!(イヨッキさん風)
通勤の帰り道は結構スピードが出る下り坂なので、ここでバーストしたら大事故です。
早速タイヤ買ってきました。手前がデフォルトでついていたHuchinsonのFlashというタイヤ、奥が今回買ってきたMaxxisのDetonatorです。
d0182277_19455977.jpg

実はこのHuchinsonのタイヤ苦い思い出があります。Hashiさんの この記事を見て、マネしてみようと前輪のタイヤはずしたのはいいものの、まずタイヤレバーを3本差しこむのに四苦八苦。おそらく1時間以上かかってようやくビードをホイールからはずした時点で疲れ果てそのまま元に戻そうとしたらビードの最後の数cmをはめるのにまた大苦戦。なんとかかんとか、また1時間以上かかりながら元に戻しました。そのまま疲れて眠ってしまったのですが、夜中の3時ごろに爆弾が爆発した夢をみて目が覚めました。何か家の外で大きな音がしたのか?と思い扉の外まで出て確認したのですが、何も無し。翌朝になって自転車に乗ろうと思ったら見事タイヤがペッシャンコ。今から考えてみれば、チューブを戻す時に捻じれていたか、チューブの一部を噛んでいたかで、夜中にバーストしてその音で目がさめたのでした。
という訳でR3に乗っていた時にはパンク修理大の苦手だったのですが、これが変わったのがavalou号に乗ってから。実はavalou号についていたタイヤがdetonatorだったのです。出先でパンクして、シブシブ修理を始めたらR3の時大苦戦したのが嘘のように簡単にビードをはめれてしまいました。正直いってタイヤの耐久性とか乗り心地の違いとかよく分からん私ですが、このタイヤには突出した性能が一つあります。それが、このパンク修理のしやすさ。今回もなるべくビードの柔らかそうなタイヤと思って選んだら、たまたまAvalou号と一緒のタイヤになってしまい、2台おそろいでDetonatorになっちゃいました。
d0182277_23162012.jpg

僕と一緒でパンク修理苦手な方、まだ一度もパンク修理したことの無い方にはしばらくこのタイヤをつけて、何度かリアルパンク修理してみることをお勧めします。何せパンクした時のプレッシャーが全く違いますし、親指の皮剥けずに済みます。タイヤレバーも最初の1本を使うだけで後は全て素手でOK。機械いじりやメインテナンスが大の苦手の僕がこういうんだから間違いありません。
おまけ:detonatorって何て意味だっけ?って思ってさっき辞書を引いてみたら「爆発」だって。タイヤの名前に爆発って...。すぐにバーストしそうですやん。
[PR]

by kwhiro | 2011-11-05 23:18 | EscapeR3 | Comments(2)

ちか定さん

ありや?まだ8月最初の更新だっけ?さぼってたわけではないんですけど。
今日はお盆休みで嫁さんが里帰りしているため外食です。
うちから自転車だと5分程度のちか定さん。
d0182277_1941795.jpg
d0182277_195419.jpg

鰻屋さんっていうイメージなんですけど、看板にもあるように鯉などの淡水魚もいただけます。
d0182277_198171.jpg

これ何定食だっけ?鰻と鯉が一緒になっててお得です。
d0182277_1911248.jpg

うまきもついています。
d0182277_19132132.jpg

こちらが鯉の刺身。淡水魚の刺身は骨っぽかったり、泥臭さかったりするんですが、これはそんなこと全くなく美味です。
d0182277_19165049.jpg

店内はこんな感じ。
d0182277_19215724.jpg

写真が小さくなっちゃいましたが、一番うまかったのはこの鯉の煮つけ。この手の甘辛い味は昔は苦手だったんですけど、濃厚なうまさです。
今年は鰻の入荷量が少ないのか、夜9時までの看板出ているのに8時半頃には鰻が切れて店じまいになっていました。少しお早めにでかけられる方が良いかも。
[PR]

by kwhiro | 2011-08-21 22:17 | EscapeR3 | Comments(0)

鶴喜そば

昨日も今日もコヌカ雨が降るような降らないようなグズグズお天気。
遠出は出来ないかと、坂本まで。結構アップダウンのある道を登ります。
坂本はいわずと知れた比叡山延暦寺の門前町で、里坊というリタイアした僧が住んだ住宅がたくさんあります。
d0182277_19185278.jpg

滋賀院門跡跡。天台宗の座主であった皇族の住居です。
d0182277_19285940.jpg

紫陽花が咲いています。
d0182277_1931421.jpg

まずは西教寺へ。西教寺の手前も結構な坂です。信長が殺されなかったら日本はどうなっていたかと前回書きましたが、ここ延暦寺は信長に何度も焼き討ちにあっている場所。信長の焼き討ちの後で、この西教寺を保護したのが明智光秀だったという事で、境内には明智一族の墓もあります。実際は山崎の合戦で敗れた後、敗残兵狩りの地元の農民に殺されてしまったようなので、これが実際の墓ではないようですが。
d0182277_19402630.jpg
d0182277_19411455.jpg

天台真盛宗の本山だけあって立派なお寺ですが人影はまばらです。
d0182277_1945135.jpg

d0182277_19464430.jpg

奥のお堂にだけは人がたくさん集まっていて、どうやら陰陽師の撮影をしていた様です。
d0182277_19474418.jpg


坂を登ってお腹が空いたので鶴喜そばを食べに。
d0182277_19501728.jpg
d0182277_19505886.jpg

蕎麦屋にしては風格のある店構えです。
d0182277_19542652.jpg
d0182277_19552597.jpg

坂本の町並みはこの穴太積みと呼ばれる野面積みの石垣と豊富な湧水が特徴です。
d0182277_200173.jpg

d0182277_2042680.jpg

自然のままの石を削ったり、加工したりせずにうまく組み合わせて積む積み方で、坂本の近くにある穴太の集落にこの石垣の積み方を得意にした渡来人がいた事から穴太積みといわれるようになった様です。
d0182277_2014039.jpg

今日は久しぶりにR3とのポタでした。
[PR]

by kwhiro | 2011-06-19 20:12 | EscapeR3 | Comments(2)