葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ワイパードライブ
at 2017-05-17 22:23
祝アジア選手権優勝
at 2017-04-16 07:55
勘違い
at 2017-03-30 22:24
Avalox p900
at 2017-03-20 12:21
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Avalou( 71 )


南湖周遊-堅田

今日は久しぶりに南湖1周。
琵琶湖大橋登るのしんどかったですが、何とか頑張りました。
その後、堅田の旧道に入るいつものコース。
d0182277_2042717.jpg

堅田藩陣屋敷跡、今はデイサービスセンターになっているのですが、何やらその駐車場の奥にも一つ建物が。
d0182277_2075173.jpg

こんなところにイタリアン?
d0182277_2092667.jpg

ペコリーノさんです。いつの間に出来たんだろうこんな店。
琵琶湖大橋登って汗だくだったので、ここで昼ごはんにします。
室内一杯なのでテラスでも良いですか?
ええ、汗だくなんでその方が助かります。とテラスに出てみると
d0182277_20174578.jpg

d0182277_19472084.jpg

何と浮身堂が良く見えるではないですか、これは良い立地ですね。
d0182277_20191174.jpg

d0182277_21331273.jpg

琵琶湖眺めながらkindle取り出し、リンボウ先生の謹訳源氏物語読みます。ひなただとすごく読みにくくなる液晶と違い、e-inkはお日様の光の下でも読みやすい事この上無し。
自転車で走って疲れて休憩する時にkindle、この組み合わせ思っていた以上にgoodです。夕顔がもののけに取りつかれて死んでしまう所まで読了。
d0182277_21423427.jpg

d0182277_1952777.jpg

イタリアンにしちゃ、パスタの量はもの足りませんが、県外から浮身堂見に来る人にはお勧めですね、このお店。
[PR]

by kwhiro | 2013-10-07 19:58 | Avalou | Comments(0)

穴村の串だんご

昨日はやけに蒸し暑いと思ったら台風が来てたんですね。今日は大雨。
という訳で昨日の話題。
嫁さんの「これおいしそう」というリクエストにお答えして穴村の串団子買いに行くことにしました。
前回車で行った時には穴村診療所の看板を目印に曲がったら、つきあたりを右折と書いてあったのでまっすぐ行ったらどこまでいっても田んぼの中の一本道。どこがつきあたり?と思いながらUターンしてきたら、いつの間にか昼前になってあえなく売り切れ。という訳で今回はあらかじめ予約をして、自転車ででかけます。
Avalou号に乗るのは半年ぶり。大丈夫かなあと、ちょっと不安。

今回は自転車なので穴村診療所近くの細い道にも簡単に入れます。
d0182277_2016242.jpg

結構由緒のありそうな診療所です。
d0182277_20184663.jpg

昔はここでお灸をしてもらった帰りに団子を買って帰ったらしいですね。
d0182277_20213565.jpg

玉英堂というからもっと古めかしい店構えかと思えば、お店はこんな感じ。
つい車じゃ行きすぎてしまうはずです。
d0182277_2026479.jpg

包み紙は結構レトロな感じ。リュックに背負って帰ります。
d0182277_2030524.jpg

取り出してみるとまるでうちわの骨に小さな団子が一杯刺さっているような。
1串につき50個のお団子ですから、これは手間がかかるはずです。
d0182277_2243593.jpg

d0182277_2283961.jpg


お味は素朴な醬油味。2串ペロリと平らげました。御馳走さま。
ちなみに営業日は月、火、水、金。すぐに売り切れちゃうので予約していった方が無難かも。
いつもの風車のお近くなので往復25km程しか走らなかったはずなんですが、半年ぶりのなまった体にはこたえました。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-15 22:45 | Avalou | Comments(0)

ミノウラ

今日は久しぶりに暖かい週末。
Avalou号でひとっ走り。
d0182277_19271524.jpg

どこの学校のボタンティアか知りませんが、湖岸の葦原の刈り入れをされていました。
御苦労さまです。
嘉田知事も湖岸の葦原保全、復活など専門の環境保全の分野では頑張っておられますが
今回の未来の党はねえ。

帰ってきて懸案だったこの件を片付けます。
Avalou号買ってからずっと玄関に置いておいたんですが、やっぱり玄関が狭い。
次のtonica号導入しようとしても、2台目置くところがなくて困っていました。
かといって自転車専用の小屋を作るのも大変です。
という訳で迷った末に結局これ買ってしまいました。
d0182277_19364117.jpg

ミノウラのバイクタワーです。評判通りがっしり安定感は抜群です。
まだ組めていないTonica号のフレームもかけてみました。
フォークこそ違うものの、結構似たジオメトリではないでしょうか。
[PR]

by kwhiro | 2012-12-16 23:24 | Avalou | Comments(4)

初冠雪

寒いですね。
昨日のミゾレのせいで比良山も初冠雪。
d0182277_19151614.jpg

今日は、でも走っていると澄んだ空気が気持ち良い日でした。
d0182277_19172755.jpg

いつの間にか紅葉の季節も過ぎ去ろうとしていますね。
d0182277_191911100.jpg

帰ってくると娘が Escape R3を乗りまわしていてビックリ。
半年程前にサドルを下げて乗ろうとしてこけたのが嘘のようにスイスイ。
サイズもピッタリです。
そろそろ二人でサイクリングへ出かけられるかな?
[PR]

by kwhiro | 2012-12-02 19:23 | Avalou | Comments(4)

高島ヴイレッジ

小浜からの帰り道。昨日行きの道から腰が痛かったのだが、復路は腰痛に加えてマタズレの痛みが加わりヒーヒー。おまけにこの国道27号、結構狭いせいか近くをトラックがビュンビュン通り過ぎるので結構怖い。

帰り道60kmを過ぎた辺りから少し足が勝手に回る?と思う瞬間もあったが、それはきっと平坦に見える道がごくゆっくり下っていたからだと思う。というわけで、マタズレの痛みを避けながら走ることになり帰りはほとんどヤマメにはなっていなかったんではなかろうか?

途中いつも通り過ぎる時気になっていた高島駅前の高島ビレッジに寄ってみる。
d0182277_7531095.jpg

袋小路のような小道を抜けると
d0182277_7544626.jpg

古い蔵を利用したカフェやら
d0182277_756231.jpg

ラーメン屋やら。隣には何故かロッククライミング用品の専門店もあり何やらおもしろそう。
昼ごはんにラーメン食べて一息つきます。
d0182277_7592945.jpg

距離的には大津からも割と近くて微妙な所だが、また来てみよう。

結局そんなこんなで大津に帰りついたのは5時前。
2日でちょうど200Kmのツーリングでした。あーマタズレ痛かった。(腰はまだ痛い)
[PR]

by kwhiro | 2012-11-07 08:01 | Avalou | Comments(2)

小浜ツーリング(3)

もう少し小浜の街中を散歩。
d0182277_7584195.jpg

この辺りの町屋は改装されてカフェになっている所がありましたが、朝早かったので
まだどこも空いていません。
d0182277_812479.jpg

かなり風格のある洋館。向かいには駐車場もあり今も現役の歯科医院として使われているようです。
d0182277_831249.jpg

800歳まで生きたという八百比丘尼の像。今でいう超美魔女ですな。
d0182277_803415.jpg
d0182277_811955.jpg

丹後街道の道標の角を曲がると立派な八幡宮がありました。
d0182277_882235.jpg

d0182277_8101634.jpg

八幡宮の向かいにあるおしゃれなパン屋さん。
d0182277_8162588.jpg

奥に見えている窯でパン焼いていらっしゃるようです。
d0182277_8191668.jpg

d0182277_817917.jpg

いくつかパン買い込み、今日の昼飯代わりにすることにします。
d0182277_8221671.jpg

さらば、小浜。アメリカではobamaがfour more yearsの様だが私は小浜に別れを
告げたのだった。
d0182277_8234689.jpg

本当は3連休の時に小浜の後、美山周りで帰りたかったのですが
土日なので昨日来た道をまた帰ります。
[PR]

by kwhiro | 2012-11-01 08:25 | Avalou | Comments(0)

小浜ツーリング(2)

実は頼んでみるまで、この民宿に泊めてもらえるかなあ?ととても不安だった。
タイツ姿の変なおっさんがいきなりやってきて予約も無しで一人で泊めてくれと
いうのだから最初は断られてもしゃあないか、くらいのつもりだった。
でもあっさりOK。おまけに自転車はこちらへどうぞと玄関を入ったばかりの所に
とめさせてもらった。
d0182277_2238590.jpg


翌朝宿のおばちゃんと朝ご飯を食べながら世間話。
以前職場で福井生まれの人と隣の机になったことがあり、強烈な印象だったので
まずはその話から。
あんまり福井弁じゃないですよね?
「うーん、昔は福井との間のトンネルが無かったので行き来がなくて、ここら辺は
どっちかというと関西弁に近いんです。」
あー、そうなんですか。
「それに、ここらへんは昔は滋賀県やったの御存じですか?」
らしいですね。明治時代の初めには若狭地方は滋賀県に組み込まれていたみたいですね。でも、今津からやとホンマに近いですもんね。
「京都や大阪からもよく自転車できはりますよ。ある大阪の自転車会社の人達はここまで自転車で来るのが新入社員の社員旅行になってるらしくて毎年来てくれはります。」
ヘエーと相槌をうっていたのだが、この大阪の自転車会社って今から考えるとShimano
の事か?
「皆さんええ自転車できはるので、盗られたら大変なんで台数が多い時は裏の倉庫に
入れさせてもらうんです。」
なるほど、どうりで自転車ツーリストの扱いになれておられるはずです。

ゴチソウ様して、小浜の町巡り。
d0182277_2304637.jpg

ちょっと場違いな感じの人魚像。
d0182277_2323389.jpg

こんな訳のわからんオブジェもあります。

d0182277_22544566.jpg
d0182277_22554859.jpg

でも海岸沿いの道から少し内に入るとこんな風な風情のある街並みがあります。
d0182277_2385687.jpg

d0182277_2394616.jpg

街並み保存館(だったかな?)の内部。
d0182277_23124543.jpg


ちょっとミーハーにお初の墓にもよってみますが、この寺がすごかった。
d0182277_2315474.jpg

奥にチラッと見えるのが寺の山門。当然この石段を登っていくのかと思いきや、左手に回り道が。グルリと回り込んで山門に到達。
d0182277_23192764.jpg

なんでこんなことになってるかというと実はこの石段のど真ん中をJRが横切っているのです。
d0182277_23213184.jpg

常高寺の山門のまん前を線路Dが横切る、の図。
d0182277_2325432.jpg

しかもこれで終わりかと思いきやお初の墓まで到達するには更に国道らしき道を横切っていかなければなりません。山門の前をJR、後ろを国道が分断している訳です。
d0182277_23281793.jpg

これでは騒がしくてお初もゆっくり眠るどころではなさそうです。
d0182277_233009.jpg

こんなものを見ると日本人にとって宗教っていうのは何なのか?と首をひねってしまいます。ハテハテ?
[PR]

by kwhiro | 2012-10-28 23:35 | Avalou | Comments(6)

若狭、小浜ツーリング

朝ドラで「ちりとてちん」やってた時から一度小浜行ってみたかったんですよね。
(余談ながら最近の朝ドラはカーネーションといい、これといい大阪局作成の方が
圧倒的におもしろいし、よく出来てますよね。梅ちゃんは途中で見るのやめちゃいました。)

そんな訳でいつもの湖西を今津まで上行。半袖ジャージで出てきたので少し肌寒いが
えー天気です。今津から161号線を西に折れて小浜へ向かいます。
今日のテーマはヤマメ乗りでこなす長距離のはずだったのですが、なかなか
長くは続けられません。梃子の原理でこごうと思うと、お尻をかなり後ろに突きだした
形になりお尻の上が引っ張られるようになって段々腰が痛くなってきます。
おかしい?kosoさんも高千穂遥さんもヤマメ乗りで腰痛克服したはずなのに、
今まで自転車で腰痛くなったことのない私が何故?
と思いながらも進みますが、高島市は思っているより広く、行っても行ってもなかなか
福井県に到達しません。
トンネルを二つ抜けるとようやく福井の看板が。
道が下り基調になるとすぐ道の駅が。
おや?と思い道の駅から左折してみると、こんな所に思いかけず宿場町が。
d0182277_22362859.jpg

d0182277_22383562.jpg

三重県から滋賀県に入る手前には関宿がありますが、福井県から滋賀にはいる手前に
はこの熊川宿があります。
d0182277_22422943.jpg

昔鯖街道を行く旅人は峠道を越えていく前にこの宿場町で一服したんでしょうね。
d0182277_22452893.jpg

今回は全く下調べしていなかったので、こんな所でこの宿場に巡りあえてラッキーでした。
でも帰ってきて「サザエさん」見ていたらオープニングでこの熊川宿紹介されていたので
結構全国的にも有名みたいですね。

d0182277_2251974.jpg
d0182277_22523821.jpg

とうふドーナツでエネルギー補給し、一路小浜を目指します。

熊川宿から先は爽快な下り坂。滋賀県を出るまでは長かったけれど
福井に入ってからはあっという間。
確かに福井の原発と滋賀県は30km圏内ということを実感。

それでも到着は4時半を回ったので急いで宿探し。
海沿いで見つけた民宿さわさん。
d0182277_22582639.jpg

宿に落ち着いた頃にはすでに夕日が。
d0182277_230865.jpg

CSで巨人が勝ったのを見た頃には酔っぱらって眠ってしまいました。
[PR]

by kwhiro | 2012-10-23 00:07 | Avalou | Comments(6)

ツッカーハウス

3連休の中日に地区の運動会があり、残念ながら遠出出来なかったので近江八幡までブラリとポタリング。
しかし、骨折した1カ月半のブランクは思ったより大きく、最近あんまり距離が伸びません。いつも100km程度コンスタントに走っていた時は八幡くらいまでは、何ともなかったんですがねえ。
今日はなるべく長い距離を力入れずにヤマメ乗り続けてみるのがテーマでした。
ついつい、頑張りすぎちゃうんですよね、ヤマメ乗りすると。

で、八幡到着。
今日のお目当てはヴォーリズ記念病院内にあるこちらの建物。
d0182277_642422.jpg

昔の結核療養所、いわゆるサナトリウムですね。
当時は日当たりも良好なように設計された最新の建物だったのでしょう。
d0182277_664524.jpg

建物の両脇にある特徴的な6角形の塔。
d0182277_6355337.jpg

こちらはいかにもヴォーリズの建物らしい円形のエントランス。
しかしこんな立て札が立っているほど保存状態はあまり良いとはいえず、かなりのオンボロ。市街地にある八幡郵便局の建物といい勝負です。
d0182277_6364777.jpg

今も病院の老健施設やら、ホスピスやら建っている敷地の真ん中に建っているので
病院側としては早く建て替えたいんでしょうね。
d0182277_6381693.jpg

窓ガラスは割れ放題、建物の中には使われていない備品が放り込まれていてあまり建物に対する愛情が感じられません。保存活動も行われているようですが時間との闘いでしょうね。
ちなみに隣のホスピス棟はこんな感じ。
d0182277_7105018.jpg

こちらも一柳建築事務所の手が入っているのか、ヴォーリズらしい建物です。

でも一番良かったのは病院の敷地の奥に建っているこの教会。
d0182277_644190.jpg

こちらは今も手入れが行き届ききれいに保たれていました。
d0182277_754638.jpg

建物はやっぱり使われなくなると痛みが早いですね。
d0182277_773545.jpg

[PR]

by kwhiro | 2012-10-09 06:24 | Avalou | Comments(0)

夏の終わり

もくもくと入道雲がわいた後に夕方になると激しい夕立と雷の毎日。
でも朝の4時に外にでると涼しくて確実に秋は近付いてきている予感。

で、今日は琵琶湖大橋まで行ってきました。毎年3月に一面の菜の花で
登場するなぎさ公園。実はここ、夏場はひまわり畑になるんですが
去年もここを通り過ぎた時にはすでにひまわりは太陽の方を向くのを
やめて俯き加減になっていました。なーんだ、もう枯れちゃったかと
思って通り過ぎたんですが、その後でKayoさんのブログを見て、しまった!
こんなおもしろいものがあったのかと思ったのでした。

という訳で誰もいないひまわり畑に入ると、いました、いました。
俯き加減のひまわり達が。
d0182277_21101115.jpg


笑ってるのやら
d0182277_2185417.jpg

悲しそうな顔やら。
d0182277_211298.jpg


誰がこんなこと始めたのやら?ひまわりのたね取るの結構手間がかかるんじゃないかな。

d0182277_21154579.jpg
d0182277_211639100.jpg

夏の終わりを告げるひまわりアートでした。
d0182277_21323783.jpg

[PR]

by kwhiro | 2012-08-20 21:13 | Avalou | Comments(6)