葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
Avalox p900
at 2017-03-20 12:21
ライタリー個人輸入
at 2017-01-29 23:07
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
バックハンド
at 2016-12-18 22:02
クスリの値段
at 2016-12-15 23:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ロッソ・メタリック

Zullo tour91の新色ロッソ・メタリック。
d0182277_17332938.jpg

ええ色やなあー。
[PR]

by kwhiro | 2012-02-26 17:34 | zullo tonica | Comments(2)

whoo bicycles

最近とても気になっている京都の自転車屋さんwhoo Bicycles
まだHPやfacebookの記事を読んでいるだけなんだけど、なんだか気になる。
会ったこともない人なんだけど、何となく気が合いそうな気がする。
この間そのwhoo bicyclesのfacebookでみつけた写真。
d0182277_15544946.jpg
[PR]

by kwhiro | 2012-02-25 15:56 | zullo tonica | Comments(0)

風力発電

最近季節はずれの写真ばっかりですまぬ。ずっと寒いのでブログの中だけでも春の気分でということで、昨年の春烏丸半島で撮った写真である。
d0182277_23374850.jpg

桜と一緒に写っているのは水生公園横に立つ風車。当初は水生公園一帯の電力を全部まかなう予定だったらしいが、結構風が強くヒーコラ言いながら自転車こいでいる日でもあんまり回っていなかったのは滋賀のサイクリストには良く知られた事実だった。
と、思っていたら最近故障したらしく、ほんとに全く回っていないのだそう。しかも壊れたのが、羽根の運動を電力に変換するコンバーターらしいから、まさに風力発電機の心臓部である。ドイツ製だかなんだかということで、この壊れた部品を交換するとなると何千万円もかかるらしく、草津市は修理に二の足を踏んでいるらしい。北海道のどこぞの風力発電でもやはり風車が故障して修理出来ないので、そのままモニュメントにすることが決まったという記事が出ていた。
原発事故で代替エネルギーとしてもてはやされている風力発電で、まさに今は追い風が吹いている訳だが、結構各地でこんな例がたくさんあるらしい。これでは30年使って廃炉にされてしまう原発とあまり変わらないのではなかろうか?
[PR]

by kwhiro | 2012-02-14 23:49 | Comments(2)

Whitney

昨日のKosoさんのブログを走り読みしてアレサ・フランクリンでも亡くなったのかと勘違いしていたら、今朝のニュースではWitneyがそのアレサに追悼の言葉を捧げられていた。
生前は結局一度もライブには行かなかったんだけれど、忘れられない個人的思いでが一つ。
まだ学生だった頃、西表島にダイビングに行った時の事。沖合のポイントで潜った後で、ボートにあがり一息ついていたら、隣にもう一台ダイブボートがやってきて、大きな音で音楽を流し始めた。
最初は「チェッ、こんなとこまできてわざわざ大きな音で音楽流しやがって」と思っていたのだが、ウエットスーツを脱いでボートの上で大の字に寝転がった時に流れてきたのがこの曲だった。


およそ太陽の下でダイビングボートに寝っ転びながら聞くには最もそぐわない内容の歌詞なんだけれど、saving all my love for You/for youと高音を重ねていく彼女の歌はまるで、雲ひとつない青空に高く吸い込まれていくために歌われているようだった。曲が終わった時僕の心も青空高く吸われてしまい、それ以来この曲は特別な曲になった。
今頃、あの時天に昇っていったあの曲と彼女は戯れているのだろうか?
[PR]

by kwhiro | 2012-02-13 22:55 | 音楽 | Comments(2)

RSVP

前回のブログで少し触れたシアトルからバンクーバーへのロングライド、RSVP(Ride from Seatle to Vancouver and Party)。
バンクーバーというと冬のオリンピック→標高が結構高いというイメージで最初誘われた時は無理って断ったんだけれども、実際に標高差を見てみるとこんな感じ。
d0182277_19103342.jpg

この標高差も最初は500m級の峠が最初に二つと思い、これは無理!と思ったのだが(御存じの通り、私正真正銘の坂ヘタレで500mもヒルクライムしたこと無し)、よくみてみると500mじゃなくって500フィートではないですか。これなら200mちょっとだからなんとかいけるかもしんない。
問題はやっぱり夏休み1週間とれるかどうかだね。
[PR]

by kwhiro | 2012-02-12 19:16 | Avalou | Comments(4)