葦と棚田と自転車と、それにパーキンソン


琵琶湖岸の葦原を眺めながら自転車で走るブログです
by kwhiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
祝アジア選手権優勝
at 2017-04-16 07:55
勘違い
at 2017-03-30 22:24
Avalox p900
at 2017-03-20 12:21
バックハンドが振れない訳
at 2016-12-22 23:00
バックハンド
at 2016-12-18 22:02
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


淡路島犬旅-その3

このプチホテル山さん、会社の保養所だった所を改修して使われているようで犬宿にしては和室が多い変わった作りになっています。
家ではケージから出すとあちこちのものをかじりまくるので、和室で一緒に寝て大丈夫かなあと心配でしたがワンコディッシュお代わりして満腹になったせいか、一晩ゆっくりとと床の間の隅で寝てくれました。
d0182277_2171535.jpg

普段ももう少し部屋を片付けてケージから出してやらなくっちゃと少し反省。

翌日は大鳴門橋を越えて四国へ。前から一度行ってみたかった大歩危、小歩危へ向かいます。
d0182277_20332021.jpg

ミルクと一緒にお散歩です。
d0182277_20363092.jpg

d0182277_2040086.jpg

d0182277_21395786.jpg

大歩危の道の駅に突如出現した妖怪と対決するミルク。この大歩危の辺り子泣き爺の発祥の地らしいのですがどう見ても子泣き爺には見えません。
d0182277_20385669.jpg

大歩危から更に山へ向かい祖谷渓へ。
スポサイのあなたが選ぶベストロード(masaさんのジェットコースターの道が載った別冊号)で有名になった断崖絶壁の小便小僧ってここにあるんですね。知りませんでした。しかしこの山道、自転車で登るのは絶対無理だな、と思いながらドライブ。
残念ながら当日はかづら橋までしか行けませんでしたが、ここは平家の落ち武者のイメージと違って御覧のような大渋滞。おまけにこの橋渡るだけで駐車料金の他にまた500円とられるボッタクリ様。
d0182277_2043391.jpg

更ににミルクは2,3歩進んだ所で全く動けなくなり立ち往生。結局渡れずじまいでした。橋のも少し下にある滝で涼んで水遊びした方が良かったかな。
d0182277_21245016.jpg
d0182277_21255991.jpg


宿へ帰ると今日も又たっぷりの御馳走です。
d0182277_21292918.jpg

d0182277_21342044.jpg

ボリュームたっぷり海鮮アラ鍋です。
d0182277_21351444.jpg

今日もお腹一杯です。お休みなさーい。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-26 21:42 | ワンコ | Comments(0)

淡路島犬旅-その2

という訳で一番心配していたのは晩御飯の時おとなしくしてくれるかどうかだったのですが
d0182277_22343413.jpg

なんとちゃんと伏せをして待っています。
d0182277_22373750.jpg

お待ちかねワンコ専用ささみディッシュが出てくるとガンミです。この後わずか1分くらいであっという間に全部平らげちゃいました。
こっから先は人間用ディナーです。
d0182277_2242398.jpg

可愛らしい前菜。
d0182277_224223100.jpg

アオリイカ、カンパチ、ヒラメ、サザエ、マグロ満載の刺身。
d0182277_22443265.jpg

はまぐりと鰆の酒蒸しかな?とても上品な味。
d0182277_22464653.jpg

とどめはこの松茸の土瓶蒸し。出汁が絶妙です。写真ではこのおいしさを伝えられないのが残念。
web上でもお料理おいしいという評判でしたが、犬宿だけにそれ程期待していなかっただけに嬉しい誤算でした。この料理を食べるためだけにリピーターになっても良いくらいです。
この後牛しゃぶのお鍋がでて、それを雑炊にしてようやくデザートです。
d0182277_22551265.jpg

うーん、お腹一杯です。
そこへ厨房から又ワンコ専用ディッシュが登場。「間違えて一皿作りすぎちゃたんですけど、まだ入ります?」
「勿論だワン!」と2皿目もあっという間に平らげたミルク。さすがにお腹一杯になったのか、部屋に帰ったらこのポーズで爆睡でした。
d0182277_22592241.jpg

[PR]

by kwhiro | 2013-09-25 22:27 | ワンコ | Comments(0)

淡路島犬旅-その1

久々のワンコネタ。
うちのラブラドール、ミルクの2歳の誕生日に淡路島まで行ってきました。
淡路の北にあるハナとキッスが犬宿としては有名ですが、9月上旬に予約を確認した時点で既に来年の正月まで一杯。やむなく、南淡路の鳴門海峡すぐ近くにある「プチホテル山」さんにお邪魔することにしました。

明石海峡を渡りきった所で道の駅淡路で一休み。
関西のサイクリストブログでは定番の明石大橋ですが、やっぱ真下から見上げるとその大きさに圧倒されます。また、クルマで走っているのがもったいないような好天。
d0182277_22353659.jpg
d0182277_22363326.jpg

道の駅でシラス丼、アナゴ丼頂きます。シラスの他にも刺身が一杯入って800円。安し、うまし。
d0182277_22391026.jpg
d0182277_22401096.jpg

いつもはキリッとしているミルクですが
d0182277_22432987.jpg

この時ばかりはシラス欲しさに丼に大接近。ブタバナになってしまいました。
d0182277_2246193.jpg

魚大好きなんですよねえ。
お昼ごはんを食べたら花さじきへ出発。
コスモスが咲くにはまだチト早く、少し寂しめですがサルビアは満開。
d0182277_23141591.jpg

d0182277_22501787.jpg

ミルクは木陰で休憩です。友愛のミルク。
d0182277_2253166.jpg

花の周りを蜜を求めて飛ぶ虫もいます。
d0182277_23171956.jpg

d0182277_23223841.jpg

その後は高速をビュンと飛ばして南淡路までは30分ほどで到着。
今回お世話になったプチホテル山さん。
d0182277_23181762.jpg

小さい頃は他の犬をみてもワンとも言わなかったミルクですが、最近は番犬意識に目覚めたのか、チャイムが鳴るとワン、小さな犬が通りかかるとワンワン吠えるので、うまくお泊りできるかなな?と心配が一杯のままチェックインです。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-24 23:19 | ワンコ | Comments(0)

自転車なんてきらいだ!

半年前に体調が急に悪くなった時まず一番最初に思ったのは「まだズッロに乗ってない!」という事でした。
「せっかくMasoさんに採寸してもらってオーダーメードしたフレームなのに。」
今から思い返すと私の思い込みだったのですが、半年前は本当にこのまま体調がどんどん悪くなって動けなくなってしまうかもしれないという恐怖で頭が一杯でした。もう動けなくなるのであれば自転車なんか持っていても仕方ないと思い、このブログを見てくれている人にお譲りしてしまおうかとも考えたりもしました。

でもベッドにずっと横になっているうちにそんな事は段々どうでも良くなってきました。このまま死んでしまうとしたら自分の人生ってなんだったんだろう?自分にとって残された時間で何が出来るのか、何が一番大事なことなのか考え始めると、自転車の事は正直どうでも良くなっていました。(しかし自転車ブログでこんな事書いていてもいいもんだろうか?)
4月の間はまだ自転車に乗っている人を見るとうらやましかったのですが、5月の連休が過ぎてますます体調が悪くなってくると暑いさなかで汗水流しながら変なヘルメッをかぶって必死にペダルをこいでいる人達をみると馬鹿なんじゃないかと思うようになりました。

スタンフォード大学の式辞でS・ジョブズはこう言ったそうです。
”Remembering that I'll be dead soon is the most important tool I've ever encountered to help me make the big choices in life.

Almost everything--all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure--these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important.

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.”

Avalou号が来てから外に置かれていたR3も毎日通勤で使って油をさしている内はそんなに錆つく事も無かったのですが、まったく乗れなくなり放置されたままになると、チェーンも錆だらけになり、グリップも溶けてべとべとになってしまいました。

d0182277_2214362.jpg
d0182277_22153273.jpg


まるで、自分の今の姿を見ている様で少し心が痛んだのですが、しょせんゴシさんのように長い間自転車に乗り続けているのでもなければ、コソさんの様に次々と自転車の事を学び続けている訳でもない私にとっては自転車なんて、そんなものに過ぎないと思ったのも事実です。
思えば去年の夏に落車して骨を折った少し前から、自転車に乗ることにも少し飽きがきていたのかも知れません。最初は自力で走って帰ってこられる距離が少しずつ伸びていくことだけがただ楽しかったのに、数年経つうちに日帰りで自走できそうな所へは大体いってしまい、いつも同じ琵琶湖の周りをグルグル回る事に少し飽きてきていたのも事実です。孤独のバイシクルは3年目で必ず飽きるという罠に知らず知らずのうちにはまっていたのでしょう。(続く)
[PR]

by kwhiro | 2013-09-19 21:58 | EscapeR3 | Comments(4)

ハムレット

13年モデルか?
d0182277_744028.jpg

14年モデルか?
d0182277_7204415.jpg

色はこの色が好きなんだけど、もう新古しかないのか。
d0182277_7244837.jpg

ウーン??
[PR]

by kwhiro | 2013-09-19 07:25 | Comments(0)

台風18号

滅多に台風が来ない滋賀県ですが、今回の18号はあちこちに爪痕を残しました。
我が家も琵琶湖岸の埋め立て地の上にあるもので、琵琶湖の水位がかなり上がって心配しました。
d0182277_652068.jpg

湖岸の様子。いつもの遊歩道が完全に水没しています。
琵琶湖レガッタがおおこなわれる漕艇場でも船が沈没していました。
d0182277_6551192.jpg

JRも大津ー膳所間の線路の盛り土が土砂崩れを起こして一昨日はずっと不通だったようですが、さすが東海道線、今日は既に復旧していたようです。
しかしもう一日降り続いていたら我が家も危なかったよなあ。
今朝は素晴らしい秋晴れで良かった、良かった。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-18 07:00 | Comments(0)

穴村の串だんご

昨日はやけに蒸し暑いと思ったら台風が来てたんですね。今日は大雨。
という訳で昨日の話題。
嫁さんの「これおいしそう」というリクエストにお答えして穴村の串団子買いに行くことにしました。
前回車で行った時には穴村診療所の看板を目印に曲がったら、つきあたりを右折と書いてあったのでまっすぐ行ったらどこまでいっても田んぼの中の一本道。どこがつきあたり?と思いながらUターンしてきたら、いつの間にか昼前になってあえなく売り切れ。という訳で今回はあらかじめ予約をして、自転車ででかけます。
Avalou号に乗るのは半年ぶり。大丈夫かなあと、ちょっと不安。

今回は自転車なので穴村診療所近くの細い道にも簡単に入れます。
d0182277_2016242.jpg

結構由緒のありそうな診療所です。
d0182277_20184663.jpg

昔はここでお灸をしてもらった帰りに団子を買って帰ったらしいですね。
d0182277_20213565.jpg

玉英堂というからもっと古めかしい店構えかと思えば、お店はこんな感じ。
つい車じゃ行きすぎてしまうはずです。
d0182277_2026479.jpg

包み紙は結構レトロな感じ。リュックに背負って帰ります。
d0182277_2030524.jpg

取り出してみるとまるでうちわの骨に小さな団子が一杯刺さっているような。
1串につき50個のお団子ですから、これは手間がかかるはずです。
d0182277_2243593.jpg

d0182277_2283961.jpg


お味は素朴な醬油味。2串ペロリと平らげました。御馳走さま。
ちなみに営業日は月、火、水、金。すぐに売り切れちゃうので予約していった方が無難かも。
いつもの風車のお近くなので往復25km程しか走らなかったはずなんですが、半年ぶりのなまった体にはこたえました。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-15 22:45 | Avalou | Comments(0)

万年筆

eeedonさんのお父様の記事を拝見したら少し前に話題になっていたこの動画のことを思い出しました。


とてもこの方やお父様の様には書けるようになれそうにはないですが、サラサラサラ、この音を聞いているだけで何故か心が落ちつきます。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-13 20:35 | Comments(4)

小さな物欲-Sirio

この頃ようやく復職したのですが、やっぱり右足の具合がもう一つ思わしくありません。
そんな訳で履き心地の良い靴が欲しかったんですね。
数年前に買ったニューバランスのウォーキングシューズがはきやすかったのでここ数年はニュ-バランスの靴ばかりはいていたのですが、ニューバランスの靴って同じサイズでもモデルによって随分大きさが違うんですよね。で、netでポチしたりすると全く履けなかったりします。
で、今回はシリオの靴です。
山靴としては有名なんでしょうが、ちょっと野暮ったいそのスタイルのせいか普段履きにするのは、と思っていたのですが、今回試着してみたのはこれ。
d0182277_18434111.jpg

履いた瞬間にピンときて買っちゃいました。
典型的な甲高幅広の日本人足の私はいつも小指が窮屈で困るのですが、これはノビノビ指が靴の中で動かせます。かかとがピタッと決まるのに、靴紐を結んだままでも脱げる足入れの良さも特筆物です。早速歩いてみましたが、窮屈なのを我慢して履いていたのが嘘のような歩きやすさです。靴が勝手に正しい歩き方をガイドしてくれる様。
また、ここのHPが1ページ目から日本人の足は長さ10対幅4、欧米人は10対3と書いてあって、納得です。この比に忠実に作ってあるので、上から見るとご覧のごとくずんぐりむっくりですが
d0182277_18442390.jpg
その洗練されて無さはアラヤのHPにもどこか通じるものがあるような気がします。
[PR]

by kwhiro | 2013-09-12 22:30 | Comments(0)

物欲亢進中

なんで、前々回から車の話を続けているかというと、実は今物欲亢進中なのです。
去年骨折った時はたかだか1カ月半だったのでPISEEIのジャージとオークリーのサングラス程度ですんだのですが、今回はこのままもう自転車二度と乗れないかもと思った時期もあっただけに、反動が大きくて。
という訳で(どういう訳だ?)Volvoの試乗へ行ってきました。いやあ、ACC(アクティブクルーズコントロール)すごい事になってますね。昔アメリカでレンタカー借りた時にクルーズコントロール付いていたので使ってみたらひたすら一定の速度を維持しようとするものだから、登り坂で少しでも速度が落ちると勝手にグングン加速してものすごく怖かった覚えがあります。こりゃあ、アメリカみたいにひたすらまっすぐな道が続く所ではいいけど、日本じゃとても使えないなあと思ったものですが、このVolvoのクルーズコントロールちゃんと前の車についていって適切な車間距離を保ち静かに止ります。これなら日本の交通事情でも十分使えそうです。
実はV40を試乗しに行ったのですが、犬もいることを考えるともひとつ大きいv60かなあ?
スバルのアイサイト付きレガシーや、VWのシャランなど気になる車は他にもあるのですが、娘もV60の後部座席の座り心地が気に入ったようですし、これで決まってしまいそうな雰囲気が。
しかももうすでに2014年モデルのV60がHP上でも発表されていますが、これが何かどこかで見たようなスタイルに変わっており、買うなら2013年モデルが残っているうちかな?
[PR]

by kwhiro | 2013-09-11 07:38 | Comments(0)